キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 家を失わずに任意売却ができるか? : 任意売却研究者

家を失わずに任意売却ができるか?

住宅ローンの返済を滞納してしまった場合、家を失ってしまいますが、できるだけ負担を少なくするためにも任意売却すると言う手段がおすすめなのですが、家を失わずに任意売却ができると言うケースもあります。

できれば、住み慣れた家、せっかく手に入れた家を手放したくはないですよね。

では、家を失わない任意売却とはどの様なことなのでしょうか?

任意売却をした場合、その家は一般の不動産物件と同様に売却に出されるのですが、この際に、購入した主に家賃を支払って住み続けると言う希望を出すことができます。

虫のよい話の様な気もしますが、不動産を購入する人と言うのは、住む家を欲しいと言う人ばかりではなく、投資目的で購入する人もいるのです。

この場合、購入者は購入後に借りる人を探すと言うことになりますので、現実的に住み続けるということができるというわけです。

立地条件が良かったり、比較的新しい家であったりすると、家賃交渉なども必要になりますが、元の家主が住むとなれば、リフォームが要らないなど余分な費用や手間がかからないと言うメリットもあるということになりますので、売却する際に相談をしてみるといいでしょう。

また、その他の手段としては、子供や親戚など身近な人に家を購入してもらうことで住み続けることが可能になります。

もしもすぐにローンが組めない状況であっても、買い戻しができると言う条件をつけて任意売却をすることができますので、任意売却の実績が多い不動産会社や司法書士に相談して、より良い任意売却を考えてみましょう。

記事RANKING

MENU


Copyright (C) buycustomessayonline.com. All Rights Reserved.