家を失わずに任意売却ができるか?

住宅ローンの返済を滞納してしまった場合、家を失ってしまいますが、できるだけ負担を少なくするためにも任意売却すると言う手段がおすすめなのですが、家を失わずに任意売却ができると言うケースもあります。

できれば、住み慣れた家、せっかく手に入れた家を手放したくはないですよね。

では、家を失わない任意売却とはどの様なことなのでしょうか?

任意売却をした場合、その家は一般の不動産物件と同様に売却に出されるのですが、この際に、購入した主に家賃を支払って住み続けると言う希望を出すことができます。

虫のよい話の様な気もしますが、不動産を購入する人と言うのは、住む家を欲しいと言う人ばかりではなく、投資目的で購入する人もいるのです。

この場合、購入者は購入後に借りる人を探すと言うことになりますので、現実的に住み続けるということができるというわけです。

立地条件が良かったり、比較的新しい家であったりすると、家賃交渉なども必要になりますが、元の家主が住むとなれば、リフォームが要らないなど余分な費用や手間がかからないと言うメリットもあるということになりますので、売却する際に相談をしてみるといいでしょう。

また、その他の手段としては、子供や親戚など身近な人に家を購入してもらうことで住み続けることが可能になります。

もしもすぐにローンが組めない状況であっても、買い戻しができると言う条件をつけて任意売却をすることができますので、任意売却の実績が多い不動産会社や司法書士に相談して、より良い任意売却を考えてみましょう。

[…]

任意売却をするメリットとデメリット

住宅ローンの支払がどうしてもできないとなれば、できるだけマイナスを補うことのできる任意売却がおすすめなのですが、任意売却をすることで失うこともあります。

経済的に困難な状況にある場合、気持ち的に焦ってしまったりすることもあると思いますが、任意売却のメリットばかりではなく、デメリットについても知っておきましょう。

任意売却は住宅ローンを清算できる代わりに家を失いますが、任意売却の場合、その手続をする上で、持ち出さなくてはならない費用負担が余りありません。

任意売却を依頼する不動産会社や司法書士などには専任媒介契約の費用を支払ったり、住宅を売却するにあたって査定費用や売却手続にかかる費用などがかかりますが、これらの費用については、任意売却後の精算で良いケースがほとんどです。

引っ越しの費用なども売却費用から出してもらうことができるなど、経済的に困難である状況下においては大変多くのメリットがあります。

中には一部前払いが必要であると言う様な場合もありますが、無理な場合は相談してみましょう。

任意売却をすることに対してのデメリットは、信用情報機関に登録されて、いわゆるブラックリストにのるということです。

住宅ローンの返済ができなかったので仕方のないことですが、今後三年から五年程度は借入などができなくなったり、クレジットカードが作れなく綯ったりします。

人に知られることはありませんが、今後同じことを繰り返さないためにもしっかり信用情報機関から名前が消える様に頑張りましょう。

[…]

忘れてはならない任意売却の後

住宅ローンの返済ができなくなり、任意売却をすると言う手段をとった場合、その後はどうなるのでしょうか?

任意売却の場合、抵当権を解除して一般市場価格にて売却をすることができるのですが、それでも住宅ローンが完済できると言うケースは少なくなります。

よって、任意売却をしたからといって安心してしまわないで、残った債務についての支払をしっかりしていかなくてはなりません。

経済的に困難である状況での判断で任意売却をしたと言うことで、残債に関してどの様に支払っていけば良いのかと言うことを知っておきましょう。

任意売却をして残された債務については、返済の方法について、新たに金融機関と交渉をすることができます。

これまでの住宅ローンの返済よりも少なく、できるだけ無理の無い返済の希望をすることができ、今後同じ様に滞納しない様にしっかり検討しなくてはなりません。

この場合、今後の収入や他の債務があるかなど状況をしっかり把握している必要があります。

この残債の返済については、交渉代理人となる不動産会社や司法書士などの交渉力にかかっているともいえますので、知識と実績のある人への依頼が望ましいです。

任意売却をしても、その後の返済が厳しいと言う様な場合は、自己破産と言う手段もあります。

せっかく任意売却をしたのですから、できるだけ完済させてほしいと思いますが、無理をしたり、なんとかしなくてはと言う生真面目さによって、減らすことのできた借金を増やしてしまうことになります。

まずは人に相談をすること、残債の返済について不安に感じている人は司法書士や弁護士に任意売却の相談をするといいでしょう。

任意売却をするべきかどうか?

任意売却をすると言うことは、一般的には住宅ローンを利用して購入した家を失うと言うことになります。

せっかく手に入れたマイホームを失うと言うのはとてもショックなことではあると思いますが、任意売却と言う手段でよいのでしょうか?

まず、任意売却を考えると言う時点で、住宅ローンの返済ができなくなっていると言うことですから、何かしらの手段をうたなくてはなりません。

そのままにしていれば、借金は貯まるし、当然家も失うことになります。

もしも、身内や親戚などで立て替えをお願いできるというな恵まれた環境であれば、家を失わないためにも頼んでみると言うのがベストかもしれませんが、特に宛が無いと言う様な場合、迷っているのではなく、最も家を高値で売却できる任意売却がベストといえるでしょう。

高値で売却できればできるほど、住宅ローンの残債は少なくなる訳ですから、金融機関としても悪い話ではないということにもなります。

また、任意売却をすると言うことに関して、債務者としては、住宅ローンが支払えないから売却すると言う意識がありますが、そのことが周囲の人にバレると言うことはありません。

任意売却では抵当権を解除して一般の不動産と同様に売却をするので、内情を知られることもなく、心の負担も感じることがありません。

この様に任意売却はトータル的に考えても、住宅ローンの返済ができなくなったケースにおいては最も良い手段であると考えられます。

任意売却はどの様にするのか?

家を持つ時に掛かる費用と言うのは、かなりの高額であり、キャッシュで購入すると言う人は少ないでしょう。

多くの人が金融機関で提供している住宅ローンを活用していることと思います。

住宅ローンは今後の収入に合わせて、無理無く返済していける様に計画するものなのですが、時には返済計画とおりに返済ができなくなってしまうと言うケースもあります。

住宅ローンの返済が厳しいと言う場合、既に滞納していると言う様な場合は、任意売却を検討してみましょう。

任意売却は不動産会社や司法書士、弁護士などに相談することができます。

任意売却とはどの様にするのかといえば、簡潔にいえば、家を売却して住宅ローンを清算すると言うことです。

住宅ローンというのは、住宅を購入する目的で利用することができますが、この場合、対象となる住宅には抵当権があります。

もしも、住宅ローンを返済できなくなった場合にその住宅を担保にすると言うことです。

よって、住宅ローンの滞納を続けていれば、いずれその家は抵当にとられてしまうと言うことになり、金融機関によって競売にかけられ強制的に家を出て行かなくてはなりません。

しかし抵当権のある不動産は高値になりにくく、ローンの返済も僅かしかできないので、そうなる前に、金融機関と交渉をして、抵当権を解除して、市場価格にて売却をさせてもらう、それが任意売却です。

この交渉等に当たっては、任意売却に長けている不動産会社や司法書士、弁護士に行ってもらいます。

依頼をすることで、競売にかけられることは免れ、住宅ローンも多く清算することができます。

※こちらも参考にどうぞ:「住宅ローン破綻」という悪夢に陥らないために