任意売却をするべきかどうか?

任意売却をすると言うことは、一般的には住宅ローンを利用して購入した家を失うと言うことになります。

せっかく手に入れたマイホームを失うと言うのはとてもショックなことではあると思いますが、任意売却と言う手段でよいのでしょうか?

まず、任意売却を考えると言う時点で、住宅ローンの返済ができなくなっていると言うことですから、何かしらの手段をうたなくてはなりません。

そのままにしていれば、借金は貯まるし、当然家も失うことになります。

もしも、身内や親戚などで立て替えをお願いできるというな恵まれた環境であれば、家を失わないためにも頼んでみると言うのがベストかもしれませんが、特に宛が無いと言う様な場合、迷っているのではなく、最も家を高値で売却できる任意売却がベストといえるでしょう。

高値で売却できればできるほど、住宅ローンの残債は少なくなる訳ですから、金融機関としても悪い話ではないということにもなります。

また、任意売却をすると言うことに関して、債務者としては、住宅ローンが支払えないから売却すると言う意識がありますが、そのことが周囲の人にバレると言うことはありません。

任意売却では抵当権を解除して一般の不動産と同様に売却をするので、内情を知られることもなく、心の負担も感じることがありません。

この様に任意売却はトータル的に考えても、住宅ローンの返済ができなくなったケースにおいては最も良い手段であると考えられます。

任意売却はどの様にするのか?

家を持つ時に掛かる費用と言うのは、かなりの高額であり、キャッシュで購入すると言う人は少ないでしょう。

多くの人が金融機関で提供している住宅ローンを活用していることと思います。

住宅ローンは今後の収入に合わせて、無理無く返済していける様に計画するものなのですが、時には返済計画とおりに返済ができなくなってしまうと言うケースもあります。

住宅ローンの返済が厳しいと言う場合、既に滞納していると言う様な場合は、任意売却を検討してみましょう。

任意売却は不動産会社や司法書士、弁護士などに相談することができます。

任意売却とはどの様にするのかといえば、簡潔にいえば、家を売却して住宅ローンを清算すると言うことです。

住宅ローンというのは、住宅を購入する目的で利用することができますが、この場合、対象となる住宅には抵当権があります。

もしも、住宅ローンを返済できなくなった場合にその住宅を担保にすると言うことです。

よって、住宅ローンの滞納を続けていれば、いずれその家は抵当にとられてしまうと言うことになり、金融機関によって競売にかけられ強制的に家を出て行かなくてはなりません。

しかし抵当権のある不動産は高値になりにくく、ローンの返済も僅かしかできないので、そうなる前に、金融機関と交渉をして、抵当権を解除して、市場価格にて売却をさせてもらう、それが任意売却です。

この交渉等に当たっては、任意売却に長けている不動産会社や司法書士、弁護士に行ってもらいます。

依頼をすることで、競売にかけられることは免れ、住宅ローンも多く清算することができます。

※こちらも参考にどうぞ:「住宅ローン破綻」という悪夢に陥らないために